オーディション情報

CRG × solo 新人女優発掘プロジェクト「ヒロインアカデミー 映画の主演女優になろう!」

【主催】株式会社CRG

有名脚本家・漫画家・映画監督等のマネージメントを行っているクリエイターエージェント CRG と、クリエイター集団 solo による「新人女優発掘プロジェクト」では、参加者を募集している。最終合格者はオリジナル短編映画での主演デビューを約束。10歳~18歳の女性を求めている。

主催者より☆
株式会社CRG(本社:東京都渋谷区)は、アメリカ等の海外で映像製作を学び日本でも第一線で活躍している新進気鋭のクリエイター集団"solo"とタッグを組んで、チームで企画開発、脚本制作を行い、withコロナ時代で海外との交流が制限されるなか、日本の魅力を発信して海外でも高く評価され得るショートフィルムを製作します。

そのために、約1半年にわたる大規模な新人女優発掘プロジェクトを実施します。参加者の演技経験の有無は一切問いません。海外では日本で有名か否かは問われませんので、誰にでもチャンスがあります。

プロジェクト内容は、一次選考合格者に対して、soloのメンバーが海外で学んだ演出技法をもとに約半年間ワークショップや演技指導を行い、女優として必要な演技力・知識・人間性を磨きます。TVドラマのプロデューサー、映画監督、ベテラン俳優等も特別審査員として招聘します。最終合格者はsoloが企画・脚本・演出を務めるオリジナル短編映画で主演デビューし、弊社への所属が約束されます。

※新型コロナウイルスの感染状況を踏まえて、オーディション方法や本プロジェクトのスケジュールを調整する可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

■「Creative Guardian(CRG)」紹介 
映画、連続ドラマ、コミック、小説、俳優など、多岐にわたるジャンルの創作活動をサポートする、クリエイターエージェント会社。今年、所属クリエイターである映画監督・深田晃司の最新作『本気のしるし』(10/9公開)が、カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション2020に選出された。
[所属クリエイター]福田靖(HERO、ガリレオ、龍馬伝、まんぷくetc)・ヤマザキマリ(テルマエ・ロマエ、プリニウスetc)・熊澤尚人(君に届け、近キョリ恋愛etc)・深田晃司(淵に立つ、本気のしるしetc)他多数
http://crg.jp


■「solo」紹介 

映画監督、ドラマ演出家、CMディレクター、脚本家、アニメーターという幅広いジャンルの第一線で活躍する気鋭のクリエイター集団
https://solo-tokyo.com/

[soloメンバー]
・萩原健太郎(映像ディレクター)
1980年東京生まれ。アメリカ・カリフォルニア Art Center College of Design 映画学部卒業。THE DIRECTORS GUILD を経て2018 年 solo を設立
2013年、アメリカ・サンダンス映画祭にて、長編脚本「Spectacled Tiger」(共同脚本: 藤本匡太)がサンダンスNHK賞を受賞。2017年、NHK BS プレミアムドラマ「嘘なんてひとつもないの」がATP 賞奨励賞を受賞。
2018年映画「東京喰種トーキョーグール」公開。2020年、映画「サヨナラまでの30分」公開。

・Yuki Saito(映像ディレクター)
1979年千葉県生まれ。アメリカ・カリフォルニア Columbia College-Hollywood 卒業。SDP所属。
短編映画ではSSFF&Asiaで4度の「観客賞」を受賞、これまでに世界各国200以上の映画祭で上映される。
2014年、カンヌ広告祭でゴールドを受賞。2016年、川端康成原作「古都」で商業長編デビューを果たし、文部科学省特別選定映画に選出される。2018年、「おっさんずラブ」がTwitter世界トレンド一位となり、同作でザテレビジョン・ドラマアカデミー賞監督賞、 東京ドラマアウォード2018最優秀作品賞などを受賞。
2021年、新作長編映画の公開が控えている。

・高瀬裕介(映像ディレクター)
1980年大阪生まれ。京都精華大学映像学科卒業。アニメーション会社STUDIO4°CでCG / アニメーションディレクターとして活動。その後、THE DIRECTORS GUILDを経て2018 年solo を設立。
カンヌ広告賞、NY FESTIVAL、東京ADC賞、ACC賞、ADFEST、Spaikes Asiaなど数多くの広告賞を受賞。


・安藤恵哉(映像ディレクター)

1979年横浜生まれ。アメリカ・カリフォルニア De Anza College 映像学科卒業。映像制作会社 雨やTYO クリエイティブセンターにて広告映像の企画・演出を担当。
ビバリーヒルズ映画祭、オアハカ映画祭、富川国際ファンタスティック映画祭、札幌国際短編映画祭、DigiCon6 Asia など60の国際映画祭で入選入賞。

・藤本匡太(脚本家)
1981年愛知県生まれ アメリカ・カリフォルニア州立大学ロングビーチ校映画学部卒業。現在、映画、ドラマ、広告webムービー、など各種の脚本を担当。
2013年 アメリカサンダンス映画祭にて、長編映画脚本「Spectacled Tiger」が、サンダンス / NHK 賞を受賞。
2017年に脚本を担当したNHK BS プレミアムドラマ「嘘なんてひとつもないの」はATP奨励賞を受賞

■応募資格
・オーディションエントリー時、10歳から18歳までの女性
・国籍は問いませんが、国内在住の方
・保護者が同意されている方
・特定のプロダクション等と契約されていない方
・一次選考(書類選考)通過後、東京都内の会場に通うことができる方

【方法】
◯メール・インスタグラムのDM:必要事項を送信。

<必要事項>
・件名:ヒロイン・アカデミー
・氏名 / フリガナ
・生年月日
・年齢
・住所
・電話番号(携帯可)
・メールアドレス
・身長
・特技 / 趣味
・SNSアカウント(TwitterまたはInstagramアカウント)
・自己PR
・志望動機
・保護者氏名(必須)
・保護者連絡先(必須):日中連絡が取れやすい電話番号・メールアドレス
・情報を見たメディア:Audition & Debut
・1人で写っている写真2枚(最近3ヶ月以内に撮影した「顔」「全身」各1枚)

【宛先】
E-mail:info@crg.jp

◯公式インスタグラム
https://www.instagram.com/crgsolo_heroineacademy/

【締切】10月31日

【問合せ】
E-mail:info@crg.jp

株式会社CRG
東京都渋谷区恵比寿西2-8-5 エビスS&Sウエスト6F

【選考の流れ】
一次選考=書類選考

Zoom面談

二次選考

三次選考

最終選考

合格者発表

・2021年3月31日

【合格後】soloが企画・脚本・演出を務めるオリジナル短編映画で主演デビュー、株式会社CRGに女優として所属。
・新作映画の企画開発 2021年4月から6月(予定)
・撮影 2021年7月から9月(予定)
・2022年1月以降、順次、各国の映画祭に出品

【備考】合否に関する問合せ不可。選考に交通費等が発生する場合は自己負担。審査料なし。
Source: Audition & Debut