オーディション情報

東京ビューティーアート専門学校主催「B × artモデルオーディション」受賞者からメッセージ【PR】

演技について学べつつ手に職もつけられるところに魅力を感じ、東京ビューティーアート専門学校に入学を決めました!

──モデルというお仕事に興味を持ったのは何歳頃からですか。きっかけがあったら合わせて教えてください。

役者やモデルに興味を持ったのは小学校6年生の時です。元々演技が好きだったのですが、小学校6年生の時に劇団に所属してからもっと演技の魅力に魅了され絶対に役者やモデルになると決めました!

──在校生として応募されたとのことですが、東京ビューティーアート専門学校に進学されたいきさつを教えてください。

進路を真剣に考えた時に今まではなんとなく大学進学が当たり前と思っていましたが、本当にやりたいことは何かと考えた時に、やっぱり演技がやりた!と思い調べていたら演技について学べつつ手に職もつけられる東京ビューティーアート専門学校をみつけました!

演技の道1本は現実的に厳しいところも沢山あるので自分の手に職を付けられるということにとても魅力を感じ入学を決めました!

──本オーディション企画への参加は、このときが初めてですか。学校内でのオーディションは、このオーディション以外にも複数開催されているのでしょうか。

初めて参加しました! 学校内ではモデルオーディションだけだと思います!

2019年オーディションでの土谷さん(中央・左)

ウォーキングやポージングの授業はもちろん役にたちました! 私たちの学年は仲が良くライバルですが切磋琢磨しあい、お互い高めあってオーディションに臨みました!

──学内オーディション以外の一般のオーディションに参加されたことはありますか。おありの際は、「どんなオーディションに・何回くらい」参加したことがあるか、また、そのときに経験・感じたことなどをお教えください。
 
映画やドラマ、CMのオーディションに7回くらい参加したことがあります! その時はその場でシチューエーションを言われ 即興で演技をしました。台本とかはなく自分でその場で考えながら演技をしなくてはいけないし相手が何を返してくるのか分からないのでとても難しかったですが色々考えながら相手と演技をつくっていくのはとても楽しかったです!! 他のオーディションでは事前に台本を渡されてということもありました!

──学校の授業で、今回のオーディションに役に立ったと思うことはありますか。

ウォーキングやポージングの授業はもちろん役にたちました! 他にもセルフプロデュースの授業で自分のプロポーションが綺麗に見える服や色などについて学んでいたので皆半袖、ショートパンツでしたが、在校生と一般から受けている人達とではプロポーションの綺麗さが一目で分かるくらい違ったと思います!

──在校生同士では、オーディションに向けて自主的にレッスンをしたりするのですか。

します!! 私たちの学年は仲が良くライバルですが切磋琢磨しあい、お互い高めあってオーディションに臨みました! それぞれに得意不得意があるのでそれぞれ助け合いました!やはりダイエットなどは辛かったですがクラス全体で頑張っていこうという雰囲気だったので辛くても頑張れました!

──最終審査[面接]までに、個人的に特に練習したことはありますか。「どんなことを・どのくらいしたか」も教えてください。

毎日の食事を夜は炭水化物をとらず18時以降は食べない、腹筋を中心とした筋トレを週に5回1日20分、なるべく電車は使わずに歩くようにしていました!! また、普段から姿勢を良くすることを心がけ歩く時も1人でモデルウォークで歩いていました。笑

最終審査前は、歩く時も1人でモデルウォークで歩いてたそう

やってみないと何も始まらないのでやってみたい!頑張りたい!という気持ちが少しでもあるのならチャレンジしてみるべきだと思います!


──最終審査[面接]本番で、個人的に特に意識して気をつけたことはありましたか。準グランプリを受賞されましたが、審査での出来は、「100点満点」で点数を付けたら何点くらいでしたか。

兎に角やる気や気持ちの面でだけは誰にも負けないと思い自分が1番だと思い込んでいました。笑

点数では65点です。当日に準備不足な面を痛感した所があったのでこの点数です。全力を出し切れたと自信を持って言いきれなくてとても悔しかったです。

──オーディション後、「有名プロダクションからのスカウト」はありましたか。何社から声がかかかりましたか。事務所の方との「面談」で、印象に残っていることはありますか。

有名なのかは分かりませんが2社からお声かけ頂きました! プロダクションに入ったらゴールではなくそこからがやっとスタート地点だということがとても印象に残りました!

──昨年、東京ビューティーアート専門学校のオーディションに参加して良かったと思うことを教えてください。

有名なのかは分かりませんが2社からお声かけ頂きました! プロダクションに入ったらゴールではなくそこからがやっとスタート地点だということがとても印象に残りました!

──今年、この募集記事を読んでいるモデル志望系の女の子にメッセージをお願いします。

やってみないと何も始まらないのでやってみたい!頑張りたい!という気持ちが少しでもあるのならチャレンジしてみるべきだと思います! チャンスは自分から掴みとっていくものだと思います!! 何かしら得るものがあると思います!!


■PROFILE

土谷真里奈(ツチタニ マリナ)
2000年生まれ、身長170.4cm
2019年度モデルオーディション準グランプリ

Source: Audition & Debut