情報PICK UP!

芸能事務所に所属するメリットは?フリーでも芸能界で活躍していけるの?

芸能事務所に所属する

芸能事務所に所属せず、フリーで芸能関連の仕事をしようとしている、あるいは現在フリーで芸能活動している方からよく相談を受けます。

「フリーではなくて、芸能事務所に所属したほうが良いかな?」と。

私個人的な価値観でいうと、答えはYESです。
フリーよりも、芸能事務所に所属したほうが良いと考えています。

芸能事務所に所属

フリーとして活動していく場合、東京で活動している方でしたら、さまざまな人脈に恵まれる機会も多く、そういった方々をたどってお仕事をいただいたりする機会もあるかもしれませんが、それでもやはり芸能事務所に所属するほうがベターなのではないでしょうか。

そんな訳で、芸能事務所に所属するメリットや、所属する芸能事務所の選び方などを下記にまとめてみました。

芸能事務所に所属するかどうか迷っている方は、是非読み進めていただけたら嬉しいです。

芸能事務所に所属するメリット

芸能事務所に所属するメリット

おおまかに、下記の3つのメリットがあると思います。

1. 仕事の質と量が充実する

2. 仕事の管理面で安心

3. 社会的な信頼を得られる

ということです。

それぞれのメリットを、詳しく説明していきます。

1. 仕事の質と量が充実する

言うまでもなく、フリーで芸能活動されている方もこれについては納得していていただけるのではないでしょうか。
芸能事務所に所属した時に受ける、一番大きなメリットですね。

芸能事務所に所属するメリット

まず、芸能事務所には映画、テレビ、広告などの様々なオーディション案件が日々舞い込んできます。
芸能事務所には仕事案件を獲得するために特化した活動を日々されている、営業さんやマネージャーさんもいらっしゃいます。

つまり、フリーで何から何までやっている方には遭遇できない量の案件が、常に事務所には山ほど舞い込んでくるということです。
フリーで活動していたら、自分から動かないかぎりは案件情報にはなかなかありつけなかったりするのではないでしょうか。

また、それぞれの案件の大きさ(有名な作品や有名企業のCMなど)も、事務所パワーのおかげでフリーで獲得できるものとは桁違いだと思います。

芸能事務所に有名タレントさんが所属していた場合、バーターといって、その有名人を起用させてあげる代わりに、これからの新人も抱き合わせで使ってください、みたいな政治的お仕事案件も頻繁に発生するからです。

このように、仕事案件の質・量といった観点からは、フリーで活動していっては太刀打ちできないでしょう。

2. 仕事の管理面で安心

芸能事務所に所属

フリーで芸能活動していくということは、何から何まで自分ひとりでやらないといけません。

仕事案件を獲得できたとしても、それを管理していくのは大変なことではないでしょうか。

たとえば、案件のオーディション情報をもらったとします。
その日程や場所等をしっかり確認しないといけませんし、日時を忘れないようにしないといけません。

そしてそのオーディションに合格して、仕事を受けることになれば、その仕事が行われる日程や場所、内容等をしっかりと確認し、遂行していく必要があります。
内容に違和感があれば、交渉も自分えしなければいけません。

そして無事仕事をこなし終えたら、今度はギャランティを請求するという大事なことも自分でしなければいけません。
ギャラの交渉、仕事内容のチェックなども、本人だとなかなかしづらい面もあるのではないでしょうか。

またその仕事を告知したり、実績としてアピールするためにHPやSNS等で発信したりするものもすべて自分でやる必要がありますから、本来の芸能活動のほかに、ありとあらゆる事務作業が発生してくるのですね。

このようなことが事務所に所属していれば、すべてスタッフさんに任せておけばよく、芸能活動だけに専念できるということです。

3. 社会的な信頼が得られる

信頼

「〇〇事務所所属のタレントさん」ということで、社会的な信頼を得ることができます。

仕事の案件を発注する側も、どこの誰かがわからない人に依頼するよりは、きちんとした会社に依頼した方が安心なことはちょっと考えたらわかるかと思います。

社会からの目は、もちろんあなた自身を判断して見てくれるのですが、同時にその背景となる会社の看板も見る訳です。
日本人はどうしても、個人というよりかは、会社そのものに安心して信頼するという面があります。

もし何か不手際があった場合、フリーだとどこにも文句が言えませんが、所属事務所があれば、その会社へクレームを出せる訳ですから、そういった面でも信頼がおかれるということになるのですね。

芸能事務所を選ぶポイント

芸能事務所 おススメ

上記で説明したとおり、芸能事務所に所属するメリットはご理解いただけたのではないでしょうか。

では次に、「どんな芸能事務所を選ぶといいの?」という疑問が出てくると思います。
それについて、お答えしていきます。

こちらも、選ぶポイントは3つ

1. できれば大手有名な芸能事務所

2. レッスン代や宣材写真など、余計な出費がない

3. 最終的な判断は、「自分に合うかどうか」

ということです。

それぞれ、詳しく説明していきますね。

1. できれば大手・有名な芸能事務所を選ぶ

この理由は説明するまでもないかと思いますし、あなただって、できれば大手・芸能事務所に所属したいでしょう。

ただ、なかなかそのチャンスに巡り合えないという面があります。

大手有名芸能事務所に所属するためには、「ホリプロスカウトキャラバン」や「国民的美少女コンテスト」、「avex オーディション」など、大手企業が社運をかけて毎年実施している狭き門にチャレンジするしか方法がないですからね。
そのほかは、スカウトされるとか、関係者からの紹介という運任せの部分になってきます。

よく、「大手は所属タレントが多すぎて、細かく目をかけてくれない」などと言う人がいますが、絶対にそんなことはありません。
むしろ、所属タレントひとりひとりをしっかりマネージメントしないと会社として存続していけなくなりますから、中小事務所よりももっときめ細やかなマネージメントが期待できると思います。

まして大手は業界内でも力がありますから、キャスティングもすごく有利で、自分がやりたい仕事に出会える可能性は、きわめて高くなるでしょう。

2. レッスン代や宣材写真など、最初に余計な出費がない

これもとても基本的なことで、事務所選びには大事なポイントです。

芸能事務所のビジネス形態は2つあって、

●1つは、純粋に芸能のお仕事で利益を得ているもの
そして
●もう1つが、「所属タレントからレッスン代や、宣材撮影などの経費を支払ってもらうことで、会社の利益を得ているもの」です。

要は、芸能志望者の夢をエサにして、高額なレッスン費用を負担させたり、宣材写真や何やらと理由をつけて、志望者からお金を巻き上げようとする悪徳芸能事務所の存在もあるということです。

芸能事務所所属のオーディションに行って、「合格した!」と喜んでいたら、早速レッスン代や宣材写真撮影代などで高額な費用負担を要求されるというのは、昔からよくある話。

そのようなところは、【芸能のお仕事で利益を得ることができない=芸能の仕事が少ない】と判断してもよいでしょう。

大手芸能事務所においては、まずそういったことは起こりえませんから。
逆に無料どころか、レッスンなどで時間拘束されたらその分、ギャラが支払われるくらいです。

基本的なスタンスとしては、所属を決める段階でレッスン代とか、舞台チケットノルマなどの話が出てきたら、その事務所は選ばないほうが良いということです。

3. 最終的な判断は、「自分に合うかどうか」

ここまで話を進めてきたのに、最後は身も蓋もない話でスミマセン。
結局のところ、「自分に合うかどうか、フィーリングで決めるしかない」ということです。

言わば、恋愛と同じかな。

とにかくオーディションに積極的に足を運んで、そこで事務所の方針などの話を聞き、自分の感覚的に合いそうだと思えば、4の5の言わず、芸能活動をしていく基盤としてその事務所にお世話になれば良いんじゃないかなと思います。

 

以上、芸能事務所の所属問題を語らせていただきました。

おススメの芸能事務所のオーディション情報 2選

私個人的に、「これから芸能を目指したい!」という人におススメの事務所所属のための常時オーディションがあるので、最後に紹介しておきますね。

1つは、『テアトルアカデミー』
イチからしっかりと育成してくれて、芸能界で活躍できるスキルを身につけさせてくれます。
魅力的な仕事の案件も多いです。

芸能界を志望するなら、まずはここを受けてみるといいですよ。

>> テアトルアカデミー事務所部門のオーディションはコチラ <<

もう1つは、東海地方在住の女の子限定になるのですが、『アイドル教室』もとても評判が良いです。
名古屋では言わずと知れた存在で、メディアにバンバン出まくっていますし、新しいアイドルを育てていこうという意気込みがスゴイですからね。

オーディションを受ける価値はとてもアリだと思います。

>> アイドル教室オーディションはコチラ <<

みなさまのご健闘をお祈りしております。